「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

■101106-07 第8回 鳥取建築士会・兵庫建築士会交流会

■101107 第8回 鳥取建築士会・兵庫建築士会交流会 2日目
2日目 昨日の夜の余韻がまだ残っている。
本日のコース
b0010162_1101546.jpg

■旧生糸検査所
数年前 取り壊しが決まった建物。しかし神戸の仲間が保存を!と唱え神戸市が買い取った。
今後、デザインクリエイテブセンターとして改修される。
b0010162_9361841.jpg
b0010162_9363086.jpg

かいこさんをモチーフにしたデザインというが、、、??
b0010162_9372936.jpg

内部は初めてである。やたら時計が多いのが気になる。
b0010162_9401186.jpg
b0010162_9403117.jpg

エレベーターもレトロ
b0010162_9415228.jpg
b0010162_942828.jpg

階段もレトロ・・あたりまえ
b0010162_9455680.jpg
b0010162_9461046.jpg

中央の階段
b0010162_9463324.jpg

梁と装飾
b0010162_9473837.jpg

こだわったデザイン
b0010162_9485076.jpg
b0010162_949348.jpg
b0010162_9492126.jpg
b0010162_9494946.jpg
b0010162_950742.jpg

工場か?というぐらい広い空間
b0010162_951320.jpg
b0010162_9511737.jpg

地下
b0010162_10552554.jpg

これらの空間をどう使いこなすか。広すぎる。
屋上から前にある税関を撮る
b0010162_10571771.jpg
b0010162_10574155.jpg

■旧乾邸 昭和11年
渡辺節の作品。ここも初めて。
b0010162_95532.jpg

b0010162_9573385.jpg
b0010162_957499.jpg

b0010162_100786.jpg

b0010162_100582.jpg
b0010162_1011642.jpg
b0010162_1013052.jpg
b0010162_102310.jpg

ん?どこかで見たデザイン わかるかな~~。
b0010162_9582532.jpg

中に入るまで,きりがないぐらい写真を撮った
内部
b0010162_10584099.jpg

広間
b0010162_1032183.jpg

b0010162_1084862.jpg
b0010162_109722.jpg
b0010162_1092598.jpg
b0010162_1095016.jpg

こだわった装飾 いったい誰が施工したんだ。
b0010162_10536.jpg
b0010162_1053447.jpg

洗面所などの水廻り
b0010162_10103748.jpg
b0010162_10105342.jpg
b0010162_1011865.jpg
b0010162_101132100.jpg

1階ホール
b0010162_10123042.jpg
b0010162_10124548.jpg
b0010162_1013482.jpg
b0010162_10132241.jpg


b0010162_1014523.jpg

たらふく見た。満足。
一時は競売にかけられていたこの建物。結局神戸市が買い取り、今改修計画に入っているという。
長い間、保存運動をやってこられた神戸の人に感謝したい。
■甲南漬資料館(旧高嶋邸) 昭和5年
ここで食事である。
b0010162_101911100.jpg
b0010162_10195223.jpg
b0010162_1020974.jpg
b0010162_10203458.jpg
b0010162_102147.jpg

内部
b0010162_1026276.jpg
b0010162_10264489.jpg
b0010162_1027069.jpg
b0010162_10271557.jpg
b0010162_10273694.jpg
b0010162_1028191.jpg

b0010162_111397.jpg

屋上 このカーブがなんともいえない 
b0010162_1030293.jpg

■旧山邑邸 大正13年
建築家なら誰でも知っているライト  しかし見るのは初めて。
大谷石が多く使ってあるのもライトの特徴。
b0010162_1037283.jpg
b0010162_10372864.jpg
b0010162_10374420.jpg
b0010162_1038367.jpg
b0010162_10382277.jpg
b0010162_10383757.jpg
b0010162_10385881.jpg
b0010162_10392082.jpg

ここも内部に入るのに時間がかかった。
b0010162_10404723.jpg
b0010162_10411069.jpg

b0010162_10421887.jpg

小さな開口・・・きちがいになりそうだ。
b0010162_10431888.jpg

b0010162_1045257.jpg

b0010162_10454012.jpg
b0010162_10443239.jpg

おお~~なんと竹筋コンクリートだった。
b0010162_10462938.jpg

水廻り
ガラス棒が敷いてある洗面台
b0010162_11161830.jpg

浴室
b0010162_1049236.jpg

b0010162_10495219.jpg

ふう~~一日、建築家になったような気がした。
ここでみんなと別れて私は西宮の家に向かった。
来年も同じ時期に鳥取で交流会がある。楽しみだ。
[PR]
by venex2 | 2010-11-29 11:08 | 鳥取県建築士会交流会

■101106-07 第8回 鳥取建築士会・兵庫建築士会交流会

■101106-07 第8回 鳥取建築士会・兵庫建築士会交流会
なんと8回目にもなる交流会
最初に参加したのが第3回目。あの時は「歩かされた。」
今回は兵庫の神戸を見て廻る。実際、なんども神戸に来ているがゆっくり見ることは初めてだ。
鳥取より14名 兵庫が12名のおじちゃんたちの見学会。
■101106 一日目
本日のルート
b0010162_11314743.jpg

北野町にゆく。
風見鶏の館  
b0010162_8575962.jpg

b0010162_8585881.jpg

地下1階地上2階建ての建物の玄関は階段を上る。車椅子は入れない。
b0010162_8595512.jpg

玄関
b0010162_903948.jpg

内部
沢山の人でどうしても人が入ってしまう。
b0010162_941756.jpg

b0010162_933072.jpg
b0010162_93511.jpg

b0010162_962487.jpg

b0010162_96383.jpg

説明の人もいて案内してくれる。が、聞いていたら長居してしまう。
ささーっと見て窮屈な空間を出た。
次は
■萌黄の館(もえぎのやかた)(旧小林家住宅)
b0010162_9111223.jpg
b0010162_9112594.jpg
b0010162_911428.jpg

やはりここも一段高い
b0010162_9123052.jpg

内部
b0010162_9124925.jpg
b0010162_913846.jpg
b0010162_9132983.jpg

b0010162_914513.jpg
b0010162_9141745.jpg

b0010162_9165715.jpg

b0010162_9213848.jpg

北野町はすごいにぎやかだった。また細い路地がくねくねと山のすそまで続いていた。
しらなかった。
北野町から海外移住と文化の交流センターに向かう。
伝建地区を歩くのだが、やはり洋館の町なので普段見慣れている農家や商家とは違う。
b0010162_921532.jpg

■海外移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)
7年前に来たときはボロボロに近い建物だったが昨年改修され綺麗な建物になった。
わたしにはCAPハウスのイメージが強く、このボロボロのビルにカップラーメンを持って勝手に湯を入れて、
ラーメンを食べていた少年がいた頃が懐かしい。
改修は現建築基準法にあわせ24時間換気や耐震補強もされていた。
見えないように耐震補強をしましたと聞いて興味を持った。
b0010162_9273887.jpg

b0010162_9271111.jpg

b0010162_9284167.jpg
b0010162_9285212.jpg

内部 バーンと見えたのがこれ
b0010162_9293032.jpg

見えないように耐震補強したといっていたのに・・・確かに。内部の壁につけたら外部からは見えない。
理屈がわかった。きれいになりすぎた内部は見ることも無く、興味も無く外に出た。
昼食の場所へ歩く。
■東天閣 M27年
なんと昼食の場所もこだわっていた。いつもは外から見るだけだったのに入れるとは思わなかった。
感謝、
b0010162_9351163.jpg

b0010162_9361054.jpg

内部
b0010162_9363893.jpg
b0010162_936505.jpg

メニューです。
b0010162_9375040.jpg

b0010162_9384124.jpg

たらふく食べて次の場所 居留地に向かう。
居留地は突き出した看板が無い。とTさんが説明しておられた。それによって町が綺麗になっている。
b0010162_9411357.jpg

■居留地38番館
b0010162_942815.jpg
b0010162_9422396.jpg


b0010162_9433463.jpg


b0010162_9435475.jpg

■居留地15番館  
これは有名だ。が、私は初めてだった。もとノザワの本社。震災で最も被害が大きかった15番館
3年かけて復旧したらしい
b0010162_9465266.jpg
b0010162_947188.jpg

b0010162_9474578.jpg

中はレストランになっている。ハヤシライスが有名だと仲間が言っていた。
メニュー
b0010162_949529.jpg

b0010162_9511461.jpg

そばに下水管が展示してあった。

b0010162_9503667.jpg

b0010162_950557.jpg
b0010162_9502098.jpg

■神戸市博物館
b0010162_952126.jpg
b0010162_9523571.jpg
b0010162_9525693.jpg

内部が見たいと交渉したがだめだった。(金を払えとのこと)
b0010162_95467.jpg

ポートタワーに行くまで歩く

b0010162_9593928.jpg


b0010162_1001178.jpg
b0010162_1003195.jpg


b0010162_1014052.jpg


b0010162_102392.jpg

■神戸港震災メモリアルパーク
b0010162_103825.jpg

■ポートタワー
b0010162_11294925.jpg

■港めぐり遊覧
遊覧船にのって港から神戸を見る。初めて乗った。
b0010162_1052914.jpg
b0010162_1054533.jpg
b0010162_10663.jpg

b0010162_106477.jpg

そのご市バスにのりホテルへ
本日の最後は六甲山という。山から神戸を見るらしい。
六甲枝垂れも初めて
■六甲枝垂れ
十国展望台の後に作られた。
b0010162_1010119.jpg
b0010162_10101890.jpg
b0010162_10104680.jpg
b0010162_10111178.jpg

b0010162_10121635.jpg

なかなか・・・綺麗だった。
最後に夜景
b0010162_10125213.jpg

本日の見学は終了。
ホテルで懇親会にはいった。
[PR]
by venex2 | 2010-11-27 10:13 | 鳥取県建築士会交流会

■101017 近江八幡~安土~豊郷~長浜の第三弾 長浜

■101017  第三弾 長浜
黒壁の町 長浜  始めて訪れた。
早速市役所に行き観光ガイドブックやマップを手に入れる。
■長浜市役所
b0010162_6394896.jpg

結構古そうな建物。しかし近代化遺産の報告書には載っていなかった。
b0010162_6414450.jpg

許可をいただき、内部を少し撮らせていただく。
玄関ホール
b0010162_6413196.jpg

中央の吹き抜けを見上げる
b0010162_6421152.jpg
b0010162_6422871.jpg
b0010162_6424575.jpg

帰ってきて調べたら、市役所は新しくなるようだ。
■鉄道スクエア
明治15年(1882)に完成した英国風の駅舎で、国内で現存する最古のもの。
b0010162_6434548.jpg
b0010162_6435720.jpg

アプローチには沢山の石額が並んでいる
b0010162_6442438.jpg

b0010162_6451821.jpg

内部
b0010162_6453991.jpg
b0010162_6455297.jpg
b0010162_64671.jpg
b0010162_6462134.jpg
b0010162_6463963.jpg

どうしても家具に目が行く
b0010162_6472418.jpg
b0010162_6473618.jpg

■ 長浜の町並み
黒壁の町はどんな町なのか興味がわく。
b0010162_7204936.jpg

すごい人だ。
b0010162_6483845.jpg
b0010162_6485227.jpg

テナントが沢山あるが興味がわかない。
見つけた屋外機。こんなやり方もあるのか。もう少し工夫があれば・・・。
b0010162_651865.jpg

街中散策
b0010162_6512656.jpg
b0010162_6514064.jpg

b0010162_6521556.jpg

やはり黒。黒というのがきついのかもしれない。いかにも!というのがいただけない。
b0010162_6523873.jpg

テナントの建具。吊戸になっている。まだ、この色のほうがよいかもしれない。
b0010162_6551679.jpg

お寺
b0010162_6553536.jpg
b0010162_6554994.jpg

開知学校
どこかで聞いたような名前と思ったら、長野にもあった。
明治7年には、この滋賀県第一小学校が神戸町(今の元浜町)に移り、文明開化を象徴するような洋風3階建ての校舎ができ、「開知学校」として開校しました。当時の長浜の人々の教育への関心は高く、校舎も町民の寄付で建設され、多くの人材を世に輩出しました。と書いてある。
b0010162_723213.jpg

今はビアーホールになっていると聞いた
b0010162_725887.jpg

ビールを飲むことが出来ないので外観だけ写す。
17:00でもまだ観光バスが止まっている。
帰ろうと思いナビをセットすると22:00着の予定。
知らない道を帰るのも・・・・・と思い、急遽小浜で宿泊。翌日5:30発 7:30家に帰ってきた。
[PR]
by venex2 | 2010-11-12 07:21 | 七転八倒

■101017 近江八幡~安土~豊郷~長浜の第二弾 安土~豊郷

■101017  第二弾 安土~豊郷~犬上堰堤
近江八幡を去り豊郷を目指す。
途中、安土城の看板があり「せっかくここまで来たんだったら安土城の
穴太衆(あのうしゅう)の穴太(あのう)積みをみなければと」安土城を目指す。
資料館があったので寄る。200円はちと高い。
■安土城郭資料館
b0010162_5464767.jpg

大きな模型があった。
b0010162_5471725.jpg

なんと二つに割れる。吹き抜けの上にちょこんといるのが織田信長。
b0010162_557655.jpg

アップ
b0010162_5575925.jpg

反対側
b0010162_5582086.jpg

と、これだけだった。
安土城も見たかったが、どうも歩かなければならない・・・・次回にしようと豊郷を目指す。
■伊藤忠兵衛旧邸
豊郷に入ると伊藤忠兵衛旧邸の看板が見えた。
とりあえず見に行こうと車を止めた。
b0010162_64347.jpg
b0010162_642234.jpg

なんとここは伊藤忠商事や丸紅の創設者の家だった。
b0010162_654051.jpg

間取り
b0010162_6545898.jpg

b0010162_6555238.jpg
b0010162_656514.jpg
b0010162_6561525.jpg
b0010162_6562619.jpg
b0010162_6565869.jpg

奥の間
b0010162_6571263.jpg

奥の間から庭を見る
b0010162_6585781.jpg

興味を持ったのは浴室。小物がとにかくよい!
b0010162_70788.jpg

b0010162_703734.jpg
b0010162_711088.jpg
b0010162_712311.jpg
b0010162_713744.jpg
b0010162_71481.jpg

床のマジョリカタイル
b0010162_72415.jpg

壁のタイル
b0010162_725176.jpg

シャワー
b0010162_73925.jpg
b0010162_732410.jpg
b0010162_733721.jpg

洗面 床にはガラス棒が敷いてあり水がはねるのを防ぐ
b0010162_743494.jpg

帰国したのが1910年(明治43年)
b0010162_751752.jpg

見ごたえのある浴室だった。
中庭から主屋を見る
b0010162_755975.jpg

b0010162_763058.jpg
b0010162_764576.jpg
b0010162_77026.jpg

再び主屋に入ろうと敷居を見ればなんと鉄板が敷いてあった
b0010162_78822.jpg

敷居が傷まないように敷いてある
b0010162_78452.jpg

説明文
b0010162_7123987.jpg
b0010162_713243.jpg
b0010162_714171.jpg

見ごたえのある建物だった。無料だし!
b0010162_715585.jpg

管理しているおじさんに、豊郷小学校の現在を聞くと「今は役場の教育委員会が入っているし、子育て支援センターなどが入っている」と教えてくれた。
豊郷小を目指す。途中、役場があった。これも古いな!帰りに寄ればいい。まずは豊郷小。
■旧豊郷小学校
b0010162_7183619.jpg

なんだかたくさんの人がいる。駐車場もある。なんかのイベントだろうと思った。運動会とも思った。
b0010162_7195419.jpg

b0010162_7205627.jpg

b0010162_7212250.jpg

おお~~中が見れる。一般開放しているんだ。この人たちは見学者か?
b0010162_7222336.jpg
b0010162_7224096.jpg
b0010162_7225837.jpg
b0010162_7231472.jpg
b0010162_7232747.jpg
b0010162_7234080.jpg

b0010162_7254465.jpg

教育委員会の他、シルバー人材センターや子育て支援センター、図書館が併設されていた。
b0010162_7265641.jpg

b0010162_7271229.jpg

講堂がある棟に移動
講堂
b0010162_7275163.jpg
b0010162_728711.jpg
b0010162_7282419.jpg
b0010162_7284093.jpg

再び校舎の戻ろうとすると、前から二人のセーラー服を着たミニスカートの学生とすれ違った。
!!ん??、、、、、、、もしかして。ん???女子学生の服を着た男の人だろう。たぶん。
ふう~~~。こんなところで・・・・。
気分を改め再び校舎の内部を撮る。
b0010162_7323811.jpg
b0010162_7325436.jpg
b0010162_733760.jpg

b0010162_7334990.jpg

3階まで上がって始めて気がつく。
なんなんだ!これは、いったい。
b0010162_735537.jpg
b0010162_736981.jpg

最後の部屋でわかった。TVアニメの「けいおん」の場所がこの豊郷小学校だったことを思い出した。
ここに来ている人は、「けいおん」のモデルになった学校(聖地)に来ているのだ。
中には年配の方もいたが、多くは若い子ばかり。みんな建物を見に来ているのだと信じたのは私だけだった。
酬徳記念館(旧図書館)
b0010162_7401682.jpg

ここもすごい人だ
b0010162_7404431.jpg

ここは喫茶になっており軽食もできる。
b0010162_741288.jpg
b0010162_7414375.jpg

絵馬ならぬお札掛けとも言えばいいのだろうか。
b0010162_7423517.jpg

グッツも売ってある。
b0010162_7432150.jpg
b0010162_743383.jpg
b0010162_7435298.jpg
b0010162_744613.jpg
b0010162_7442172.jpg

こういう使い方ものあるのだな~~。ここだけだったらどんなカッコウをしようが、
近所の人に迷惑かけないし。などと一人で納得しながら豊郷小学校を出た。
後でわかったのだがコスプレは可能らしい。ちゃんとHPに書いてあった。
豊郷小学校見学http://bushitsu.blog47.fc2.com/blog-entry-22.html
(私が間違っていたのだ)(><)
純粋な構築物を目指し、気分直しを目指し堰堤を目指す。
■犬上堰堤
山の中にずんずんはいる。道は細くなるばかり。
造られた年代も古かったのでてっきり石積みと早合点。コンクリートだった。
(起工 昭和9年5月 完工 昭和21年12月途中大東亜戦争ノタメ資材不足シ中断ス)と書いてあった。
b0010162_7482194.jpg

b0010162_7495981.jpg

写真を撮る元気も無く退散。
次回は長浜編

[PR]
by venex2 | 2010-11-05 08:42 | 七転八倒

■101017 近江八幡~安土~豊郷~長浜

■101017 近江八幡
16日京都に出張。帰るのが面倒で大津に宿泊。
17日滋賀県の資料集めに湖東に動く。
20年前に来た近江八幡。その後どうなっているのか?
当時は堀しか記憶に無い。堀のそばの蔵の喫茶店でコーヒーを飲んだことぐらいか。
■郷土資料館(旧近江八幡警察署)
b0010162_1548119.jpg

1886(明治19)年に八幡警察署として建設され、1953年(昭和28年)に大幅に改築されて近江八幡警察署として使われ、1974年に市立資料館として開館しました。独特の様式によりヴォーリズの手によるものではないかと言われていましたがはっきりとは分かっていませんでした。しかし、後の調査によりヴォーリズが改築を担当したことが分かりました。調べによると2階に集会室が新設されたほか、東側だけだった煙突を西側にも取り付け、左右対称に変更しました。またドアノブにクリスタルガラスを用いるなど、随所に意匠を凝らしたヴォーリズ建築の特徴がうかがえます。(ヴォーリス展よりhttp://vories.jp/modelcourse/14.html)
b0010162_165662.jpg
b0010162_15481517.jpg
b0010162_15483028.jpg
b0010162_15485046.jpg

ここで見学料500円払って次の施設に行く
マップ
b0010162_1622127.jpg

■市指定文化財 旧伴家住宅
b0010162_16135329.jpg

b0010162_16144659.jpg

今に残る旧伴家住宅は7代目伴庄右衛門能尹が伴庄右衛門家本家として、文政10年(1827)より天保11年(1840)の十数年をかけて建築したものですが、明治時代になって当時の八幡町に譲渡してから小学校・役場・女学校と変遷しました。戦後は近江兄弟社図書館として使用され後に近江八幡市立図書館となり、移転に伴い平成9年にその役目を終了しました。その後の整備事業を経て、平成16年4月より市立資料館の一部として開館しました。(観光協会HPより)
b0010162_16213881.jpg

学校のほうに興味がある。け上げの高い階段
b0010162_16223529.jpg

ふみ面の違う階段
b0010162_16232058.jpg

展示パネルの足
b0010162_16235751.jpg

b0010162_16255525.jpg

■町並み
b0010162_16263382.jpg

b0010162_16292753.jpg

b0010162_16302287.jpg
b0010162_16304097.jpg
b0010162_16305342.jpg

町家を改修したお店ができるらしい。
b0010162_16313138.jpg

■森五郎兵衛邸(非公開)
b0010162_16325592.jpg

b0010162_1634974.jpg

■旧西川家住宅
b0010162_1635246.jpg

b0010162_16355377.jpg

すりあげ戸が気になる。
b0010162_1637955.jpg

たくさんのほぞ孔
b0010162_163957100.jpg

内部は裏から入る
b0010162_1638773.jpg

b0010162_1641942.jpg

大戸は上に上げる方式
b0010162_16421855.jpg
b0010162_16424153.jpg

箱階段はこんな形。直線ではない。
b0010162_16432969.jpg

b0010162_16435859.jpg

ぶらぶらと堀を目指す。車椅子の方によくあう。
b0010162_16453629.jpg
b0010162_16455045.jpg

なんと、車椅子の方が立ち往生。石畳の上を、、、、、。
b0010162_16465843.jpg

最後の階段はきつかった。引っ張り上げる感じで手伝った。
■白雲館
b0010162_16484212.jpg
b0010162_16492267.jpg

b0010162_16494936.jpg

てくてくと観光客から離れて街中へ
■近江兄弟社学園
b0010162_16511632.jpg

許可をいただいて中庭に入る。
1931(昭和6)年、ヴォーリズの妻、一柳満喜子が園長を務めた淸友園幼稚園の園舎として建設されました。建設費を寄付したメンソレータム創業者のハイド夫人を記念して、ハイド記念館と呼ばれています。クリーム色のスタッコ壁に白い窓枠、赤い瓦が可愛らしく、ヴォーリズの特徴がよく出ています。
b0010162_16523789.jpg

右手がハイド記念館(幼稚園舎)で左が教育会館体育館兼講堂)。
b0010162_1653166.jpg
b0010162_16531398.jpg
b0010162_16534182.jpg

■近江兄弟社学園 ハイド館
b0010162_1654247.jpg
b0010162_16543931.jpg

ガラス越しに内部を撮影
b0010162_16551053.jpg

■近江兄弟社一柳記念館(旧ヴォーリス住宅)
b0010162_1656548.jpg

ウィリアム・メレル・ヴォーリズによって清友園幼稚園の教師寄宿舎として設計され、1931年の竣工時からヴォーリズの自邸として使用された建物をヴォーリズの記念館として活用したもの。館内にはヴォーリズが来日時に持参したピアノなどの遺品や資料が展示されている。が予約制なので見れなかった。
b0010162_16571931.jpg
b0010162_1658157.jpg
b0010162_16581238.jpg

■アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館)
b0010162_16593434.jpg

YMCA会館はヴォーリズが建築事務所を開いて最初に建てた建物です。
そのYMCA会館のイメージを継承して建てられたのがアンドリュース記念館。現在は改修を加えられ高齢者介護施設として使用されている。こちらも見ることはできなかった。
b0010162_1705771.jpg

b0010162_1712894.jpg

途中見つけた看板。魚屋をうわいと読むのか・・・。
b0010162_1741270.jpg

他もヴォーリス建築はたくさんあるが時間が無いので豊郷に向かった。
続きは次回。
[PR]
by venex2 | 2010-11-03 17:23 | 七転八倒