「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■090724 旧黒川小学校(川西)

■090724 旧黒川小学校(川西)
急遽 情報委員会の取材に参加。川西市役所10:00集合。
市役所で教育委員会の人から資料を見せていただく。
昔の小学校の写真
b0010162_7171578.jpg

明治37年に出来た校舎である。一時は児童もたくさんいて南校舎も増築された。しかし過疎化と一庫(ひとくら)ダム建設で校区の一部が水没。黒川小学校は近くの学校に統合された。しかし、いつか児童が増えたときは再開してほしいという地元の声に、市は廃校ではなく休校にして建物を残し現在は公民館として活用されている。
旧黒川小学校 北校舎 明治37年
b0010162_7232522.jpg
b0010162_723419.jpg

棟瓦には「黌(こう)」の字が書かれている。
b0010162_7235749.jpg

b0010162_739134.jpg

内部は教室が三つと玄関ホールの小さいものである。
b0010162_7245080.jpg
b0010162_725942.jpg

床板。古さを感じる
b0010162_7414078.jpg

南校舎(昭和22年)
b0010162_7254269.jpg

便所。仕切りがなつかしい
b0010162_726473.jpg


[PR]
by venex2 | 2009-08-20 07:42 | 近代化遺産

■090720 淡路島 ダムを求めて

■090720 淡路島 ダムを求めて
淡路の円筒分水に水が流れているはず!!と信じて淡路に行く。
南から攻める。
まずは若人の広場。5年ほど前にきたことがある。昨年も情報委員会と鳥取県建築士会の見学会でくる予定だったが、私は参加できず。
■若人の広場
b0010162_1038011.jpg
b0010162_10382932.jpg

1967年開設 設計は丹下健三
学徒動員で戦死した学徒の遺品などが展示されていた。全国唯一の戦没学徒記念施設。
だが、阪神淡路大震災前に観客数の落ち込みから閉鎖、さらに震災により大きな被害を受けた。
展示されていた遺品類は2004年立命館大学に寄贈された。
今はボランティアにより定期的に草刈や掃除が行われている。
http://kobe-mari.maxs.jp/minami_awaji/wakoudo.htm
b0010162_10385513.jpg
b0010162_10552724.jpg
b0010162_10555765.jpg
b0010162_10561429.jpg

かすかに残っていた展示 クリックすると大きくなります
b0010162_10562858.jpg

大見山荘
b0010162_10564767.jpg
b0010162_10565861.jpg

天気が悪いためか独特の不陰気がある。
次に上田池堰堤と円筒分水を目指す
■円筒分水
b0010162_10571416.jpg

残念、水がちょびりだった。遅かった。上田池堰堤をめざす。
■上田池堰堤(こうだいけえんてい) 昭和6年
地元の人意外で「上田」を「こうだ」と読む人はマニアックな人である。
b0010162_10575677.jpg

初めて下から見ることが出来た。
b0010162_10582498.jpg

b0010162_1185939.jpg
b0010162_1191697.jpg

きれいな堰堤である。規模も大きいし
b0010162_1193841.jpg
b0010162_119526.jpg
b0010162_1110488.jpg
b0010162_11103088.jpg

下からのアプローチにはこんな碑もあった
b0010162_11105959.jpg
b0010162_111198.jpg
b0010162_11112255.jpg

次は成相ダム。上田池と近くである。
成相ダムには古い堰堤が残っている。
■成相池堰堤 昭和25年
b0010162_11115252.jpg
b0010162_1112586.jpg
b0010162_11122067.jpg
b0010162_11124249.jpg
b0010162_11125494.jpg
b0010162_1113513.jpg
b0010162_11131746.jpg

洲本に向かう。猪ノ鼻堰堤のアプローチには小さな橋が残ってる
■六徒橋 昭和7年架
b0010162_1114393.jpg
b0010162_11141366.jpg
b0010162_11142316.jpg
b0010162_11143554.jpg

■猪ノ鼻堰堤 昭和18年
b0010162_1115059.jpg
b0010162_11151184.jpg

さらに奥の第2猪鼻ダムへ 放水していた
b0010162_1116731.jpg

b0010162_112623100.jpg

気をよくして由良へ砲台を見に行く
b0010162_11265781.jpg

前に来たときと違い公園化されていた
b0010162_1127275.jpg

以前来たときはこんな感じでした
http://venex1.exblog.jp/i62/説明文 クリックすると大きくなります。
b0010162_11274044.jpg
b0010162_11275221.jpg
b0010162_1128492.jpg


[PR]
by venex2 | 2009-08-12 11:28 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■090719 琵琶湖疏水 京都から大津へ

■090719 琵琶湖疏水 京都から大津へ
琵琶湖疎水のまだ行ったことのない山科から大津へ向かう。
途中 北垣国道の銅像と夷川発電所を見に立ち寄る。
北垣国道の銅像
b0010162_1110428.jpg

夷川発電所 大正3年4月竣工
b0010162_11105733.jpg
b0010162_11111220.jpg
b0010162_11113154.jpg
b0010162_111234.jpg

山科に向かう。このあたりだろうと思い神社に車を止める。ハイカーでいっぱいだった。
b0010162_11184121.jpg

b0010162_11124263.jpg
b0010162_1113027.jpg

ひたすら歩く
途中にあった構築物。縦抗のあとかな~~と思いつつ
b0010162_11212174.jpg

これはなんだ?
b0010162_11214969.jpg

あった。なんとトンネルの上に家が鎮座している。うう~~~ん。土地の権利はどうなっているのだろうか?
諸羽トンネル。湖西線工事のため昭和45年(1970)5月の完成した。
b0010162_1123510.jpg
b0010162_11231837.jpg

琵琶湖側の入り口
b0010162_11241959.jpg

b0010162_11244065.jpg

今度は京都側に戻る。
途中にあった橋 山ノ谷橋 日本最初のコンクリートアーチ橋 明治37年
b0010162_1127065.jpg
b0010162_11274581.jpg

第ニ隧道 琵琶湖側入り口
b0010162_11302593.jpg

額 (読めない)調べると「仁以山悦智為水歓」 じんはやまをもってよろこびちはみずとなるをよろこぶ。
b0010162_11531095.jpg

琵琶湖疎水誌には違う文字が書かれているが?よくわからない??
第ニ隧道 京都側出口
b0010162_1213151.jpg

額 (これも読めない) 調べると西郷従道による「隧山到水源」やまにしたがいすいげんにいたる だそうだ。
b0010162_1214859.jpg

第三隧道 山科側入り口
b0010162_12364936.jpg

額 松方正義 「過雨看松色」かうしょうしょくをみる
b0010162_1249384.jpg

日本で最初に出来たコンクリートの橋 明治36年
b0010162_12374129.jpg
b0010162_12375285.jpg
b0010162_12381587.jpg

琵琶湖疏水煉瓦工場跡の碑
b0010162_12411786.jpg
b0010162_12412672.jpg
b0010162_1241401.jpg

ここからまた車で大津に向かって走る。ナビがあるから疎水の位置が大体わかる。
第一隧道京都側出口
b0010162_12432271.jpg


b0010162_12473638.jpg

第一隧道大津入り口
b0010162_1255353.jpg

額まで読めない
b0010162_1255581.jpg

大津取水口
b0010162_12594744.jpg
b0010162_130886.jpg
b0010162_1302140.jpg
b0010162_1304454.jpg
b0010162_131580.jpg
b0010162_1312863.jpg

取水口近くの橋 三保崎橋 昭和10年架 きれいな橋である。
b0010162_1322657.jpg
b0010162_1323971.jpg
b0010162_1325471.jpg
b0010162_1331210.jpg

ついに琵琶湖疎水制覇した。大津から伏見までの記録を一度ちゃんと作って見たい。

帰りは鞍馬にある橋を見に行く。
市原橋 明治45年
b0010162_13114596.jpg

二の瀬橋 大正3年 
b0010162_13134643.jpg

鉄骨にコンクリートがまかれている。SRCの構造だ。
b0010162_13123959.jpg

帰りは貴船経由でかえった。あまりにもスリル満点の道路だった。
但馬着20:00

[PR]
by venex2 | 2009-08-09 13:31 | 近代化遺産