「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

080324富岡製糸~碓氷峠

■080324 群馬 富岡製糸工場 と 碓氷峠
23日から東京に泊まっていたので24日は群馬に足を伸ばす。今回の旅行の目的はここにもあった。
さて世界遺産を目指す富岡製糸工場
最近 但馬の製糸工場を調べるとどうしてもきっかけはこの工場にある。とにかく見てみなければ話も出来ない。というのが本音。
新幹線で高崎へ。それから富岡へたどりつく。もっとすごい観光地かなとおもっていたけどそうでもない、、、、、、。ま、和田山ぐらいの賑わい?か。この表現はすごい難しい。
歩いているとき見かけた建物 手前をポケットパークにしてある
b0010162_913015.jpg

でもって富岡製糸工場
b0010162_915628.jpg

▼全景(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10203558.jpg

観光客は一組だった。地元ガイドさんが説明していたので同じような顔で聞く
b0010162_933088.jpg

東繭倉庫
b0010162_934235.jpg

▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10211193.jpg

b0010162_94838.jpg

あこがれというかよく映像に出てくるキーストーン
b0010162_954537.jpg

いろいろと説明してくれるのだが、、、歴史的なこの建物のすごさが解りにくかった。
長さ100m。馬鹿でかいだけだ。といわれても仕方ない。
b0010162_985816.jpg

いろいろな施設があるのだがどこも中を見ることが出来ないのも面白くない
b0010162_994451.jpg
b0010162_995723.jpg

繰糸場
おお~~太い。おおきなトラスだ
b0010162_91297.jpg

▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10224955.jpg

b0010162_9115654.jpg

ブリューナ館
▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10233864.jpg

b0010162_9124929.jpg

中から掃除の緒簿ちゃんの声が聞こえるので中も見れるのかとおもったら見れなかった。
b0010162_913395.jpg

裏に廻って
西繭倉庫 全景が写らない
b0010162_9185936.jpg

でもって展示室内場
b0010162_9195115.jpg

、、、これで終わりか。何か物足りない。月曜だから人も少ないのもわかるのだが、、、
資料が少ないのだろうか?ここを訪れる人は何を見に来ているのだろうか?
b0010162_9214062.jpg
b0010162_9215440.jpg

たぶん「昔○○だった」の「だった」という言葉に心が動かないのかもしれない。活きている。その感じがしない。
それとも私がひねくれていたのか、、、、
唯一 売店のおねえさんにこれから横川駅に行きたいのですがどういけばよいのですかと聞けば。タクシーで○○まで行ったほうが早いと教えてくれた。これだけがうれしかった。
帰りに見つけた建物 なんかこっちのほうが興味がわく
b0010162_9345796.jpg
b0010162_9351023.jpg

さて横川駅でめがね橋を目指そうにも聞くと徒歩90分。バスはなし。、、、、タクシーしかない。
で、タクシーでめがね橋に行く。ああ~~レンタカーを借りればよかったと後悔する。
なんとも贅沢な旅行だ。
めがね橋  すごい!!
▼ 全景 (画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_1036027.jpg
b0010162_10361741.jpg

▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_1025212.jpg

設計者 古川晴一、、、余部鉄橋の設計者。
b0010162_9363150.jpg
b0010162_9365079.jpg
b0010162_937444.jpg
b0010162_9372513.jpg
b0010162_937483.jpg
b0010162_9382034.jpg

タクシーを待たせているのでメーターが気になる。ゆっくり写真が撮れない。
b0010162_9395074.jpg
b0010162_940109.jpg
b0010162_9404622.jpg

近くのアーチ橋も写しに行く
▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10274424.jpg

b0010162_9413346.jpg
b0010162_9414555.jpg
b0010162_9421083.jpg

ってなことで写し、このまま軽井沢まで行くかどうか判断に迷うがやっぱりここまで来たのだったら丸山変電所を見なければ、、、。
途中タクシーを降りて廃線敷きをあるく。30分ほど歩けば丸山変電所跡が見えてきた
丸山変電所
b0010162_9451151.jpg

すごい。
b0010162_9465215.jpg
b0010162_9471371.jpg
b0010162_9472946.jpg
b0010162_9474886.jpg

▼説明文(画面をクリックすると大きくなります)
b0010162_10284653.jpg
b0010162_1029164.jpg

やはり煉瓦はいいな~~。規模も大きいし
b0010162_9532795.jpg
b0010162_9534725.jpg

で、また一人でてくてく歩く。やく20分。やっと横川駅到着。
鉄道文化施設にはいる。900円もするのか。中にある跨線橋だけ見たいのですが、、、かわいらしいおねえさんが、中に入れてくれた。よって他の景色は撮らず跨線橋だけ写す。
b0010162_10294225.jpg

b0010162_9563910.jpg

実はこの跨線橋と同じ形式同じ時期に造られたのが八鹿の跨線橋である。
b0010162_957160.jpg

b0010162_1030685.jpg

満足!この後長野に行く予定だが仕事も気になるので長野に行くことはあきらめ帰って来た。
夜10時着。これって日帰りできるやん。
もう少し天気の日に行かないと、、でもってレンタカーでゆかないとあかんわ。

何故東京にいったのか。長男がW大のオーケストラに入団しており4年間在籍していた。
最後の演奏会ぐらい見てやらないと。というので見に行った。
サントリー大ホール。テレビ朝日が横だった。
なんともすごいホール。写真撮影は当然だめなので終わった時だったらよいだろうとこっちの勝手な判断で写した。それもフラッシュをたかないで。それでも注意された。
b0010162_1023643.jpg

コントラバス上段の右から3番目、、、といったってピンボケだからわからないか。
b0010162_1025610.jpg

[PR]
by venex2 | 2008-03-29 10:07 | 七転八倒

どうなる?豊岡市役所

年度末になる。あわただしく何かが決まりかけようとしている。
さて、豊岡市役所。いったいどうなるのだろうか。
もちろん残してほしいのだが、残してもどう活用するのか。そこが問われる。
一度 みんなで考える。そんな催しを企画しました。ぜひご参加ください。
講師に復興建築のことなら川島先生をお呼びし、ワークショップは浅見さんにリードしていただきます。保存のための会議でなく、まちづくりの会議です。
3月26日 19:30~
豊岡市民プラザ 市民活動室CD
▼ 画像をクリックすると大きくなります。
b0010162_1752198.jpg

[PR]
by venex2 | 2008-03-22 17:13 | 近代化遺産

0803074 井上家住宅~進藤家住宅へ

■0803074 井上家住宅~進藤家住宅へ
どうも気になる。最後の最後まで文章が書けない。っていうのは進藤家住宅のこと。気になるのは鴨居に打たれたひも。ひもというのは角材で角材を打って溝に仕上げている。ふと、多々良木の民族資料館の図面を見ていると、、、、むむむ。進藤家と同じ間取り。ってなことで早速朝来市もMさんに連絡を取り見に行ったしだいです。
Mさんが来るまで少しぶらぶら。
朝来芸術の森にはたくさんの作品が並んでいる。何時の間にこんなものが出来たのだ?
森の中に怪しげな社
b0010162_1020225.jpg

上を見て、、あ。かずきさんだ。とすぐわかる
b0010162_10211498.jpg

何枚か写真を撮って井上家住宅
b0010162_10215256.jpg

説明文(クリックすると大きくなります)
b0010162_10233581.jpg

内部
b0010162_10263365.jpg

進藤家住宅の待ち合わせ時間には少し早いので神子畑へ
b0010162_10271476.jpg
b0010162_10272615.jpg

銀杏の木、、、何時になったら芽が出るのかな~なんてのんびり思いながら
b0010162_10273866.jpg

進藤家住宅
今回は調査は早い。
b0010162_10301246.jpg

中で進藤さんと囲炉裏端で話し。進藤家の過去が頭に入っているので話題はつきない。
調査は少し。話はいっぱい。
一時間少し話をして外に出ると雨だった。
b0010162_10322415.jpg


と、これではわからん!といわれそうだ。
3月20日14:00頃から進藤家住宅の見学及び説明会をしますのでお越しください。
そのときに全てがわかる。
[PR]
by venex2 | 2008-03-09 11:21 | 七転八倒

080301 近代化遺産を活かしたまちづくりシンポジューム

■080301 近代化遺産を活かしたまちづくりシンポジューム
久しぶりに生野に行ってきました。
久しぶりに見る人ばかりで次郎さんと「なんか同窓会みたいだな~~」と。
b0010162_1027745.jpg

まちうけてくれたかわいい雛人形
b0010162_10274038.jpg

だけど、但馬のヘリテージのメンバーは誰もいない。なんてこった。ヘリテージの人は淡路の奥井さん、委員長の澤田さん、姫路の足立さんだけだった。
記念講演は文化庁の調査官 鈴木地平さん
司会の人が55年生まれという。一瞬年代を間違えてるとおもったら若かった。28歳の人だった。
b0010162_11172133.jpg

文化的景観、、、、なにやらまた新しい言葉が出てきた。
ようはそこらへんにあるのが文化的景観、、その中でも文化財的な価値があるものが重要文化的景観として選定される。とパンフレットには書いてある。
 メモしたのは
①文化財として景観を保つ
②地域活性化 ・住民の自信、地域に対する誇りの向上
          ・地域づくりと交流
          ・地域振興
          ・文化観光
③地域の文化財に根ざしたまちづくり
と筆記した。が、なにやらいつも出てくる言葉ばかり。
新しい制度はいいが今ある制度すら活用できない現実になんともいえない気持ち。たしかに生野はよいだろう。理解者も多く居る。しかし生野だけの盛り上がりではいけない。朝来全体で考えると疑問だ。養父市はどうなんだ。そこまで行かない事実。

二部はパネルデスカッション
近代化遺産を活かしたまちづくり」がテーマ
b0010162_1047039.jpg

地元の桑田さん
生野ひいきの会をつくり法人34社、個人376名(数字はこんなものだったとおもう)から資金のサポートを得た500万円を基金として今後のイベントをする人に助成するいう。ただ単に助成するのではなく審査会もあるという。たしかに面白いアイデア。
岡田さん。昨年のヘリテージ大会でコーディネーターをしてくれた人。面白い人。
「視座」
また面白い言葉をいう。
今ある物→ 見方を変える →変えることにより今ある物が価値ある物に変わる。
われわれが実践してきたそのものを「視座」という言葉で表現してくれた。
他には
教育を通し単なる環境が風景になる。
先人の偉業に対する理解を深め地域住民が地域に対する自信を獲得。
愛郷心とともに定着したテクノスケープ
鈴木さんは
外部評価  マニア向けの地域づくり
とわたしはメモしている。
近代化遺産 オンリーの世界だ。が喜んでいるのはわれわれだけかもしれない。
その現実を知っていないとだめだと実感
司会者の村上さん。スムーズな進行で時間通りおわった。
が出来すぎたシンポジュームと何人か言っていた。時間ではない、内容がうまくまとめられすぎていた。反面、誰かは「こんな方向ではなかったのに・・・ぶつぶつ」といっていた。
どうもおかしいと思ったら夢がないのだろう。たぶん。何かに向かって一丸となってやってゆこうという気力を見出すことが出来なかったのかもしれない。以前生野であったシンポには「世界遺産を、、」という声も上がったが今回はなかった。
終わってから井筒屋にいってコーヒーをいただいた。地元の人と話をすると「いつまでもイベントをやっていても長続きしない。そのうちイベントが競い合いになる。」ともいっておられた。
b0010162_11161086.jpg

岡田さんが事例で発表していた場所
宇都宮 大谷地区
岡山 犬島 一度行こうと思っていた場所
台湾 九份(きゅうふん) 悲情城市という映画のロケ地
[PR]
by venex2 | 2008-03-02 11:19 | 近代化遺産