「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月30日

■ 9月30日
朝早くから豊岡に撮影に来たが、なかなかうまく取れない。ずっと気になってたアネシスに朝早くから覗く。といってもたまえさんの元気な姿を見るのと、岡山からのぶどうを届に。

食事の片付けの洗い物をしていた。すぐ帰ら無ければいけないので、そくざに帰るが元気なことに安心する。
何か居心地が良いようで・・安心する。
▼ 帰り際のたまえさん。スタッフの人と送ってくれる。スタッフの人に抱かれてうれしそう。
後でTELがあったが4日5日と出石のお寺に「お泊り会」に行くらしい。
b0010162_18532690.jpg
b0010162_18533530.jpg
b0010162_18534777.jpg


その後すぐ帰って明延へ調査に行く。(もちろん仕事)
だが、施設が開かない。結局、明延に来たんだからと・・・鉱山を見に行く。
▼ 途中にあった沢だが、底に敷石が・・先般から敷石に目がよくゆく
b0010162_1952137.jpg
b0010162_1953049.jpg

▼ ズリ山
b0010162_196299.jpg

▼ 上部に施設跡
b0010162_197344.jpg

▼ インクランの跡
b0010162_1981454.jpg

▼ 坑道跡
b0010162_199075.jpg

▼ 橋の上に敷かれたレール
b0010162_1993655.jpg

▼ 坑道横を通る道路にあった信号機
b0010162_19104366.jpg

なんだかんだといって結局は仕事から近代化遺産に変わっている。

鍵を返しに行った後、木彫フォークアート2005年による。少し前に行ったのだが、人が多くゆっくり見れなかった。平日だから少ないと思ったけど、なんと観光バスまで来ていてた。

今年度の作品より。
▼ グランプリ
b0010162_19283910.jpg

▼ 入賞作品 友人の岩本君の作品
b0010162_19291258.jpg

▼ 毎年、出展している人
b0010162_1930143.jpg

▼ 興味あった作品
b0010162_1930464.jpg


その後、但馬銀行で少し打合せ。少しだけ内部を撮らせて頂く
▼ うまく撮れていないがご勘弁
b0010162_1934235.jpg
b0010162_19341174.jpg


昼も一時前だが実家に少し立ち寄り写真だけ
▼ 実家の様子
b0010162_19364134.jpg
b0010162_19365184.jpg
b0010162_19365932.jpg


午後から建築士会の研修会。受付などの雑用を済まし、14:00から土木の人と打合せ。
15:00やっと昼食にありつけた。その後、
明日の但馬農業高校設立30周年記念事業の準備のため但馬農業高校に楽器を運ぶ。
17:00 設計事務所の集まり
18:00 友人のお見舞い。

なにか・・・長い一日だった。明日も朝から豊岡に行って撮影。式典。
その後ヘリテージで出石へ・・・・そして夕方会議。
つかれる・・・な~~~。
[PR]
by venex2 | 2005-09-30 19:43 | 七転八倒

9月25日 結婚式

9月25日 結婚式
といっても、もちろん私ではない。親戚の娘さん。親戚の娘さんは良いのだが、ずっと西宮にいた私はあまりしらない。○○大学附属高校の特待生でいっていた。ということは知っていた。
若くかわいいお嫁さんだった。・・(でも、お嫁さんっていうのも言葉も最近無いのだな~~。)
▼ ともチャンとお父さんとお母さん。さすがバレーをやっていただけあって背が高い。
披露宴の前だからまだ余裕がある。
b0010162_23584634.jpg

▼ 最初の入場
b0010162_035765.jpg

▼ この日はたえちゃん(お母さん)の誕生日ということでバースデーケーキに火を灯す新郎の義幸君。が、当の本人はなんだかわからなかった。
b0010162_043513.jpg

▼ 灯を消す、たえちゃん(お母さん)の口元がかわいい。
b0010162_04569.jpg

▼ 若き姉妹とその友達
b0010162_065874.jpg

▼ かわいい子供たち
b0010162_092552.jpg

▼ 恒例のキャンドルサービス  
b0010162_012581.jpg

▼ 最後
b0010162_0143610.jpg


でも、いつ行ってもいいですね。結婚式。
「順風満帆」風をきってはしれ~~!。がんばれがんばれ。
-------------------------------------------------------------
おいさんが残念だったこと。
式典の途中場内アナウンスが流れたこと
隣の宴席の歌がこちらまで届いたこと
熱燗が遅かったし、ぬるかったこと。  
長渕を歌えなかったこと
一升瓶の酒を飲めなかったこと・・・・・・・・・・ちょっと残念でした。
次は誰の結婚式か知らないが歌うぞ。飲むぞ。楽器をふくぞ~~~!!
ってな感じで楽しく嬉しい日にでした。
[PR]
by venex2 | 2005-09-27 00:49 | 七転八倒

■ 9月23日  うろうろ

■ 9月23日(祭日)
朝からビフォアフター我が家大改造の現場。
床暖房をどうするか?温水床暖房を進めるM氏より取り付け方法を大工さんに言ってもらう。
やっぱり色々と難しいのだが、電気式の床暖房よりははるかに良い。イニシャルコストとランニングコスト比較すればすぐわかる。
▼ 最近の我が家
b0010162_22323928.jpg

大屋に来たので今年の「木彫アート」の開場による。
人が多かったので写真もとりにくい。
平日に又来よう
▼ 23日の木彫アート展
b0010162_2234148.jpg

明延の行く道中の橋
平野橋は昭和9年だった。なんとなくわかる気がする。
b0010162_2239546.jpg

その後、また明延に行く。
ほほ~~こんな施設もあったのかいな。もう少しこだわった見方をしたい。
と思い鉱山資料館に行くと閉館だった。
外部だけ

b0010162_22365935.jpg

その後富土野峠を越えて一ノ宮町へ
道筋を離れて大身谷鉱山跡へ
▼入口の看板
b0010162_22421080.jpg

鉱山遺跡を見るが事前の下準備無しのためわからず。あいも変わらず行き当たりばったり。
▼それらしき鉱山跡
b0010162_2244780.jpg

一宮から神子畑へ
▼ 途中で見つけた橋。木製だったよ
b0010162_22461550.jpg

▼ 神子畑 久しぶりだ。
b0010162_22471478.jpg

▼ バイパスの道路は出来上がりつつある
b0010162_22481196.jpg

生野町の吉川邸に久々に寄る。
「KEIKO・萬桂」さんの個展
b0010162_2251972.jpg
b0010162_22513280.jpg

うろうろしながら帰ってきたら18:00だった。
[PR]
by venex2 | 2005-09-23 22:55 | 七転八倒

■ 9月10日 ヘリテージ但馬調査~淡路島へ

■ 9月10日 ヘリテージマネージャー但馬&夢テーブル委員会の定例調査
10:15八鹿駅集合

メンバーは夢テーブル委員会 四角、渡邉、出田、福岡、三輪、池口、河辺、中尾
       ヘリテージ委員会 河辺、澤田、
       その他        木村(夢テーブルOG)
-----------------------------------------------------------------------------
最初の見学先はK邸
民家100選にも選ばれている。一般公開はしていない。渋っていた管理人さんに無理をいい見せていただく。ただし庭のみ。
大きな門を入る。はじめて見る建物の大きさにびっくりする。また、屋根のむくりがすごい。
▼ 門
b0010162_810297.jpg

▼ 内部の建物
b0010162_8104016.jpg

庭をはじめ、お墓まで見せていただく。最初、管理人さんは「小さな庭だから5分で済む」といっていたが、説明を聞きはじめると約1時間かかった。なんとか内部を見たかったのだが、これだけの人数では少し多すぎる。「掃除のボランティアいつでもしますよ」といって管理人さんと別れる。
次の見学先は但馬銀行大屋支店
昭和6年の建物。銀行新築工事がまもなく竣工
竣工後この建物は解体されてしまう。何とか使えない物かと思案しているが、諸事情でむずかしい。解体されるのは11月中頃の予定。
▼ 銀行外観
b0010162_8164267.jpg

内部が見れないので残念だがチャンスはあるはず。
昼食
お昼からは大屋町和田の奥にある「古屋地区」にゆく
今は廃村だが豪族小倉家の邸宅跡がのこっている。
宝暦元年(1751年)に完成した屋敷。出石城、竹田城の城跡並び比べられる程のものと書いてある。
▼ 石垣
b0010162_82729.jpg

水利を計るとともに、水害を防止する意味から、数百メートル下流まで、川底に敷石をし、急流を緩和するために、4~5の人工滝を作っている。
▼ 敷石された水路
b0010162_8472733.jpg

小倉寛一郎。家族親族の反対を押しきって明治9年製糸業を創立
明治9年。製糸場を創業する。片手取り。20釜
明治14年。ボイラー設置。両手取り50釜とする。但馬で最初のボイラー設置し、金属機械製糸を始める。
明治15年女子工員を募集し大変発展する。
明治22年 廃業する。
創業より12年、ボイラー設置より8年にして何故か廃業する。今尚理由はわからない。
古屋を一時間以上見学し次の見学地明延に行く。
大屋にいながら明延はあまり知っていない。
購買所が古いと聞いていたがそれすらわからない。
途中 銭湯がある。何か改造しているようだった。
▼ 銭湯の改造
b0010162_8533577.jpg

結局明延の鉱山の見学はここまでとし八鹿高校大屋分校に帰る。
但馬で現役の木造校舎は少なくなった。大屋分校と竹野の森本中学校ぐらいか?
▼ 昭和38年 木造校舎
b0010162_8545122.jpg

少し疲れたので休憩。
次は夏梅の鉱山跡をみる
▼ 左側のコンクリートの擁壁が鉱山跡
b0010162_8564041.jpg

最後は樽見にある鉄骨の橋
大正13年架設である。
▼ 緩衝用の鉄骨の受け材が上流にあるため大正時代から長く被害もなく持ちつづけているのであろう。
b0010162_90116.jpg


16:30集合場所に帰る。次回は10月8日
ごくろうさんでした。

-------------------------------------
17:00淡路に向けて発つ。
今晩は建築士会青年部時代の一年に一回の集まり。
高速は順調に淡路までたどり着くが、地道で宿泊先への道を間違える。
夜遅くまで会話が弾み寝たのが2:00頃だったが虫にかまれ痒い。結局寝たのが3:00ごろ。
一方相方たちは早くから寝ていたので当然早く起きる。結局4:00ごろには起され、辛い一日の始まり。
泊まったホテルはTOTOシーウインド。安藤忠雄の設計である。昨年も来たのだが昨年は台風の来る前でゆっくり写真も撮れなかった。
久々に安藤建築の写真を撮る。
b0010162_1031312.jpg
b0010162_10311868.jpg

ホテルを出て洲本に行く。
元カネボウの施設を利用した図書館や商業施設がある。
レンガ造の施設に見入る。図書館は鬼頭氏の設計である。何処の地でも図書館は大入り満員である。
b0010162_10335427.jpg

b0010162_10345181.jpg

昼食になりメンバー行きつけのすし屋さんにゆく
今年の四月に出来たばかりのすし屋さん。斬新なデザインのすし屋さんである。
b0010162_10384879.jpg
b0010162_1039220.jpg
b0010162_10391681.jpg
b0010162_10392927.jpg

お任せメニューで一人4000円だった。結構安かった。
たらふく食べてここで一旦解散。
私たちはもう一つの見学先の三原に走る。
丸分木という水路の分水路を見に行く。三原高校近くにあった。
▼ 丸分木 残念ながら水が流れていなかった。
b0010162_10411161.jpg

次に上田(こうだ)堰堤。起工、大正15年。昭和7年に完成
結構迫力のあるダムだった。
▼ 上田堰堤
b0010162_10434673.jpg
b0010162_1044148.jpg
b0010162_10441629.jpg
b0010162_10443021.jpg

近代化遺産の数々
淡路島も面白い
これで2日間の近代化遺産ツアーは終了。但馬に帰る。17:30八鹿着。
[PR]
by venex2 | 2005-09-14 09:01 | 七転八倒

9月2日

9月2日 大安
朝早くから親戚の子が結婚するのでお祝いを持ってゆく。親戚は8時に集合。地区の人は8時半に集合して持ってゆくそうだ。
午後からグループホームにたまえさんに会いに行く。
オーナー制で出来たぶどうを持ってゆく。
暑い部屋で今からお風呂に入るといって準備していた。
b0010162_35122.jpg
b0010162_351598.jpg

頭の白髪が気になるね。染めに行かんなあかんな~~。
その後、いつものように図書館に行って調べも。
[PR]
by venex2 | 2005-09-04 03:11 | たまゑさん