「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5月28日 但馬学例会

年に数回しか行けてない但馬学の例会。久々に参加しました。内容は円山川をカヌーで下り、台風の爪あとをさぐる。もっとも私はカヌーには乗らず、以前から興味のあった橋を中心にみてあるく。
朝、10時、八鹿町上小田に集合。昨晩の深酒がたたって少しぼ~~っとしている。
カヌーに乗る人、伴走、その他に分かれる。(その他は私だけ・・・あてにされていなかった^^;)
出発前の面々。(クリックすると大きくなります)
b0010162_22395378.jpg

その後、出発
b0010162_8242885.jpg

私は最初の目的地である八鹿町と日高町の境にある「青山橋」にゆく。ずっと興味があったのだが、なかなかゆっくり見ることが出来ない。
b0010162_8304862.jpg

手摺のデザインが気になっていた。古いと思ったのだが昭和29年に付けられた橋だった。
b0010162_8315165.jpg

橋をのんびり見ていると、橋の下にはなにやら怪しげな杭が打ってあり8m位の4方を囲ってある。中央部は草も生えていない。下に降りて近くによって見ると、「立ち入り禁止」の札がかかっている。
何なのかわからない。(30日、土木事務所の主幹さんに聞くと「河川敷でも昔は民有地がたくさんあった。そのため地権者の人が自分の土地とわかるように杭を打ったのではないか?」との答えであった)
b0010162_9102862.jpg

b0010162_9105745.jpg

橋の近くに新しく出来たバイパスがある。その反対側にはJR電化に伴い閉鎖されているトンネルがある。
b0010162_8362383.jpg

数年前に来たときは中まで入ることが出来たのですが、今回はかぎがかかっていました。周囲の煉瓦は黒く光る硬そうな煉瓦でした。内部はきれいなイギリス積みとおもいきや、、よく見ると途中から積み方が変わっている。「へえ~~」、、長手積に変わっている。新たな発見。でも、これって何処でもこのようになっているのだろう。(黄色い点々が煉瓦の並び方。)。(クリックすると大きくなります)
b0010162_22432498.jpg

日高町に入り、JRの尾川橋梁・・なんと7スパンもあった。結構大きな橋梁である。橋脚の大きさが二段になっている。こんなのは他にもあったかな~~と思い浮かべるが記憶がない。
b0010162_22445639.jpg

岩中発電所
b0010162_8504032.jpg

日高高校体育館。昭和3年。元小学校の体育館と考えれるがいまだ不明。(30日に日高小学校講堂という文献を探し当てた。でも建設年月日に少し疑問が残っている)
b0010162_8512153.jpg

ここで約束の13:00.昼食の場所に移動。カヌーの人はなかなか帰ってこない。
一時間ほど待つと帰ってきた。誰も転覆していないらしい。待っていたTさんは「以前は4回転覆したといっていた」「あそこでこけるで~~」といっていたが誰も転覆しなかった。
b0010162_8521447.jpg

遅い昼食なったが、昼からはまた一人で日高商工会館へ。昭和12年建 先般まで工事をしていると思ったら、中央にあったレリーフが無くなっていた。以前の商工会館
b0010162_855555.jpg

b0010162_8552522.jpg

裏道をずっと走ると、なんと、へんてこりんな消防車庫
b0010162_854495.jpg

近くの人にいつ頃のものか色々聞くがわからない。
集合の時間に遅れそうなのであわてて鶴岡橋へ。この橋も今年から付け替え工事が始まる。
遠方より
b0010162_901741.jpg

昭和11年に架設された橋。円錐形の綺麗な橋脚が印象的。正式には「(1+3+3+3+1)径間単純桁橋・RC橋・道路橋・直橋・上路橋」ってかくらしい。何が1で何が3なのかわからない。
b0010162_93837.jpg

手摺を見てみると何やら溝のような物がある。昔はこの溝に何か嵌めてあったのだろうか?
b0010162_94467.jpg

近くには出石鉄道の橋梁の後が残っている。
b0010162_955497.jpg

後で聞いたのだが川の中に鉄道の橋脚の後が残っているとのこと。また見に行こう。
で、今日はここまで。
-----------
5月29日(日)
森の祭典で村岡町のケビ岡にゆく。木造住宅の相談会のスタッフ。
一日・・気持ちよいところでのんびりしていた。宝塚音楽学校の生徒さんがたくさんこられていた。写真は撮っていない。でも、皆同じような髪かたち。じっとみるとあどけないおこちゃまでした。
--------------------------
5月30日(月)
快調!!朝から動きまくる。しかし、けったくそ悪いのは土曜日の写真の取り残し。昼から豊岡に行くついでに撮りに行く。
まずは川のなかにある出石鉄道残骸
b0010162_225151100.jpg
b0010162_2252662.jpg

もう一点は鶴岡橋のあの溝の原因をさぐる。
あった。裏側にも溝らしきものが・・・・・でも、まだ疑問が残る。
b0010162_22541536.jpg

「(1+3+3+3+1)径間単純桁橋・RC橋・道路橋・直橋・上路橋」
という意味がわかった。
1+3+3はエキスパンションジョイントのことで・・・・
エキスパンションジョイント
b0010162_2354369.jpg

難しくなるので困ったが、岸から1スパンとそれから3スパンめに伸縮しても可能なように緩衝部分があるということ。詳しくは但馬の土木遺産のHPを設けますのでそのときに。上路橋とは桁の上に道があること。中路橋や下路橋もあります。
やっと、すこしすっきりした^^
[PR]
by venex2 | 2005-05-30 09:19 | 七転八倒

5月26日 ~27日 茶摘

中尾たまゑさん。大正4年2月15日生まれ。現在90歳。
少し記憶が遠のいています。要介護認定1に今回なりました。自宅改修工事のため一時期、豊岡のNPO法人ダーナが運営するグループ・ホーム・・アネシスに自宅が改修が済むまでお世話になっています。
5月3日に入所しました。それから早、一ヶ月になろうとしています。その後何度か見には行っていいえるのですが、たまゑさんの子供である、4兄弟、孫、ひ孫の皆さん、親戚etcの方など多くの各々に、近況を、お知らせたく思い、立ち上げました。
まったくの個人的なものであります。今後掲載してゆく中で、色々とご批難があると思います。ご批難は「hitomati@sea.plala.or.jp」に言ってくだされば希望に添う形で努力します。
------------------------------------------------------------------------------

5月25日・・グループホームのスッタッフから電話。「あす、お茶摘みに行ってよろしいですか?」とのこと、「どうぞうどうぞ」、嬉しく返事。どんなところでどのようにお茶摘みをするのかわからないが、外に連れて行ってくれるのはとても嬉しい。
5月26日のたまゑさんの様子の写真を早速入手。
早速見ると・・・ドキッとするほうかむり・・「A」の赤い文字が・・・
b0010162_2055833.jpg

なんと朝日新聞からの頂きもののタオルだったんでしょうね
b0010162_206652.jpg

くつろぐたまゑさん。
b0010162_2061586.jpg

久しぶりに見る笑顔
b0010162_2083879.jpg

何をやっているのかな?
b0010162_2063984.jpg

おお~~絶好調!!
b0010162_206478.jpg

隣のおばあちゃんはスタッフのおばあちゃんかな?モンペがいいな^^)たまゑさんもモンペがいるのかもしれない。ほおかむりと・・・
b0010162_207348.jpg

摘んだお茶の葉。昔は山というように何日も摘んだのだろうけど・・今回はこれだけかな?。
b0010162_2071197.jpg

アネシスの前でなにやら??。こちらも不明。
b0010162_207223.jpg

うう~~ようわからん。
b0010162_2073259.jpg

27日 15:30からアネシスに寄る。
「あのな~買い物に買い物に行きたい。もっとるかいや?(お金のこと)」「あるでー」といい、車でコープに行き買い物。どうも、外に出たいらしい。少しうっぷんがたまっているのかもしれない。行く途中「この間、次女が来て一緒にお寿司をたべた(ちょうど夕食時に来たので外で食べたらしい)」「あんな~。こんど田植をしてくれといわれてる(茶摘みのあと)」「けどな~~田植はできる力があるかなぁー?」とよろこんで言っていた。
買い物を行けば。バナナ・夏みかん・あめ・饅頭、巻き寿司をかう。部屋に帰るとベットの中に隠していた。少し周りの人に不信感があるのかもしれない。念のため、隠していたことをスタッフの人に伝えておいた。スタッフからの話を聞く。「いつも、朝早く(5時ごろ)から起きて、ダイニングの掃除やらホールの掃除もしている。水やりも・・。」それはよかったんだが、少し足を伸ばして歩き回ろうとしたらしい。スタッフの人があわてて探したらしい。止めることはやむおえない。本人いわく「止められたので出ることも出来ん。・お百度参りのつもりで同じ場所を行ったり来たりする」と少し残念そう。しかし豊岡自体を知らないのだからしかたない。スタッフの人から「異性に対し少し怖そうにしている。」と、いっていた。たまゑさんより「今帰ったらあかんかな~~?」の問いには、「今帰っても、家をさわっていつからねるところもないでー。」と、可哀想だけど現実のことを言うしかない。たまゑさんは、結構、色々とやりたい人でスッタッフの方は、あんがい役割を与えたほうがいいと配慮してくれているみたい。今朝は味噌汁を作ったらしい。「役割を与えてたまゑさんが出来ることをやってくれればいいと。」スッタッフの人は言っていた。(もっともっと動かしてほしい。)
今日は筆ペンと半紙。スケッチブック、知恵の輪、般若心境の本。そして、新聞を購読した。東井義雄先生の本も一冊は読んだ。もう1冊は読んでいる最中とのこと。
明日,但馬学の例会後、たまゑさんを見に予定でしたが、例会後、急遽仕事が入り月曜日に行きます。
[PR]
by venex2 | 2005-05-27 22:26 | たまゑさん

改造します

築30年。木造の家を改造します。
■ 5月16日の様子
b0010162_22254568.jpg
b0010162_22261857.jpg

裏の蔵などは全てなくなります
b0010162_22322334.jpg

内部  皆で片付けたので何もありませんが・・・
b0010162_2227362.jpg
b0010162_22282454.jpg

いよいよ建築家が自邸を改修します。それも古民家にこだわっていた人間が・・・・

どうなるか・・・・?
[PR]
by venex2 | 2005-05-26 22:33