「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

百手の儀式

1月28日 お昼から香住町御崎地区である百手の儀式を見に行く。毎年儀式が終わった翌日の新聞で「あ!昨日だったのか・・」と悔やんでいたが、今年はちゃんと情報を入手。 一人で行くにはちと寂しいので相棒を求め、40を過ぎた彼女とデートをしながら行ってきました。この奇祭とも言える儀式を知ったのは2001年の但馬学での例会でした。こうやって考えると但馬学で多くのことを学んでいます。出石神社の「おはなびらさん」面沼神社の「茗荷のおまつり」。結構知らないことを教えてくれました。
さて、百手の儀式。16:10 「ひかえ~ひかえ~。わきによれ~。」「ひかえ~ひかえ~。わきによれ~。」と声をあげ、ふもとの公民館から神社まで行列です。写真はピンボケごめんなさい。
b0010162_1527087.jpg
b0010162_15281145.jpg

神社に着くとたんたんと参拝。もう少し深深としたらいいのにと思いきや、何の説明もなくすぐさま矢を射る姿になる。
こうなると、でしゃばるのがアマチュアカメラマンや新聞記者でして、声が出てくる、出てくる。「少しよって」「もう少し曳いて」
手なれたもので曳き手もポーズを決める。毎年のことか・・・
b0010162_15335980.jpg

的は円形の何処でも見る的ですが、昔は源氏を見たてた目の玉だったらしい。これは但馬学で教えていただきました。
的の中央に弓があたると「目にあたった」と地区の方から声があがりました。良いとか悪いのは別として儀式の事を知っているからこそ出た言葉でしょう。
b0010162_15435135.jpg

そういえば、お祭りとは晴れやかで五穀豊穣を願うものが多いのですが、この儀式は怨念の儀式だとおもいます。いうほど晴れ晴れしく行なう行事ではないのだなと思いました。だから、たんたんとやるのかな?
地区の色々な方々が矢を射るのですが、101本の矢を射終えると、中央に地区の方が集まり円形になって「ハア 打ッテクレエ ヨウ手シャンノ オシャンシャン   モウ一ツ打ッテ ヨウ手シャンノ オシャンシャン」と手締めで終わりました。
b0010162_15534856.jpg

おこわ(赤飯)を貝の殻にいれ、神社にお供えする地区の方々。そういえば私の村の祭りでもおこわをお供えすることがなくなった。
この地区は、まだまだ続いているのだな・・と。
祭りといえば最近は日曜が多いなかで、いつまでも1月28日にこだわり、おこわを供えていたこの儀式。なにかうれしい気持ちでした。この儀式、多くの人にも見てほしいです。
前に来たときは振る舞い酒があったのに今回はなかった・・この伝統はのそさなかん。と帰りはぶつぶつ言って帰ってきました。
もっと詳しいのは但馬学のHPで見れます。
http://tajimagaku.net/houkoku/00/kasu_0101_misaki.html
[PR]
by venex2 | 2005-01-30 16:08 | 七転八倒

おめでとうございます

新年おめでとうございます。といっても、もう10日ですね。
今年の正月は雪。めずらしく正月まえに雪が降りました。そういえば昨年のお盆には雨が降った。お盆に雨が降るのは珍しい。盆といい、正月といいやっぱりおかしな天候だったのかもしれない。
いつもながら、年末はみんなそろって大掃除。
照明器具の掃除は若手の甥っ子。お正月用の鯛を焼くのは義兄の役目。(我が家では皆に一匹の焼鯛をつける)今年は15名分やきあげる。神棚は主人である私の役目。1m近くある本殿を降ろすのが一苦労。脇殿はそうでもないのだが・・。
今年は父がなくなってはじめて餅花をかざる。年末に生野で作っていただいたもの。餅をつかないので作る事がなくなった。飾ったのは何年ぶりだろうか?
その神棚の前に飾るしめ縄。今年は関ノ宮の大谷のひとに頼み3mのしめ縄を作っていただいた。久々にあざやかな正月飾りが出来た。

正月の年賀状。ある吹奏楽の仲間から「復興支援コンサートをやってください」とあり。
昨年10月に襲った台風23号。被災した多くの仲間、会場が浸水したため定期演奏会も出来なかった某団。以前から「何とかしてあげたい」という気持ちがあったが「でしゃばっていいのかどうか?」と言う思いで日にちだけが過ぎていった。躊躇していた。
「やるのがいいのか?腰をあげるのがいいのか?」一時は諦めていたのだが、一通の年賀状で動かされた。と思っても、何をどうするか、皆目見当がつかない。南但馬と北但馬の地域の違いもあるしコネクションもない。そのような中で、3日、姪が帰ってくる。(この子は兵庫教育大学の卒業生)「そういや~保科先生が来てくれたら、皆を動かすことが出来るかもしれない」(保科先生は兵庫教育大学の先生だった)
保品洋先生。(吹奏楽コンクールの課題曲などつくり多方面で活躍している海外でも有名な方)
こうと決まれば動き出す。早速アポをとる。難しいかもしれない。でも、あたってだめで元々。出来なくてもいいやん。ってなぐあい。すると好意的なご返事が返ってきた。「やった~~!!」 これから忙しくなる。

7日 八鹿商工会の賀詞交換会
昨年以上に人が少ない。若手と言われる(この場合は50半ばまで)人は10人も満たない。
元気のいい商工会はどこいった?
そんな中で八鹿TMOの事務局からグンゼ八鹿工場事務所の再利用の話を聞く。
昭和3年に建てられたグンゼの事務所を使って「まちづくり会社」を設立するらしい。その使用計画案を作ってほしいとのこと。うずうずする言葉。楽しみだ。
http://venex1.exblog.jp/i22

8日 豊岡で吹奏楽の打ち合わせの帰りに「旧労働基準監督所」に寄る。
外壁が以前にもまして剥離している。「こりゃ危ない。そのうち無くなるのは時間の問題」と危機感を抱く。http://venex1.exblog.jp/i46

9日 実家があるの大屋町宮垣の新年会
朝から雪。8;30に集合なので八鹿からかけつける。途中、姫路ナンバー以外の車が立ち往生している。丁寧にチェーンをかけている。そういやァ、、但馬に帰ってきてから17年もたつのにチェーンははめたことが無いのに気が付く。なれっておっとろしい~。
宴席の中で隣に座っていた家具職人の上山さんと話をする。
但馬銀行大屋支店の話
養父市地域局の新築に伴い但馬銀行大屋支店も移築するとのこと。残った建物は昭和初期の建物。この利用計画が今は無い。何とかしたいと言う気持ちはあるがどうしたらいいのか?
土地は借地、建物は但馬銀行のもの・・あんがい買い取るのも良いかもしれない。
レトロなショットバーも楽しいかも。結構前向きな発言に心が動いた。

10日 朝TELでおこされる。但馬学のUさん。(といってもすぐわかるので上田さん)何のことかと思いきや・・・「兄の今年のスケジュール」といってきた。
昨年から上田さんにお兄さんに妙見野外コンサートにもう一度出演していただけないかと打診をしていました。上田さんのお兄さん。上田賢一さんは国際的なフルート奏者。ほとんど海外で生活されている。数年前にも演奏していただいたのですが、今年に演奏していただけないか?と弟の上田さんに言っていました。「なんとかできるかもしれないよ」っていうありがたいお言葉。
時期はいつにするか、、、7月の終わりぐらいでいかがですか?そんなことより妙見は復旧するのか?

あ~っという間の一週間。この一週間に夏までの予定が入った。
今年一年  がんばります・・・・よ、、、、、、ね!!
[PR]
by venex2 | 2005-01-10 22:55 | 七転八倒