カテゴリ:近代化遺産 ダム・堰堤・堰( 17 )

■111128 帝釈ダム

■111128 帝釈ダム
日本一の縦長のダム
車で行けないので歩く。
車道ではなく、急勾配の階段を下る。・・・ということは、帰りはこの階段を上がらなければならないことになる。むむ!っと、耐える。
b0010162_437916.jpg

b0010162_4372231.jpg

10分も歩けば見えてくる。そびえたつ洪水吐
b0010162_4374128.jpg

屋根のある巡視路をあるく。黒部の水平道みたいだ。
b0010162_4375261.jpg

短い。そして高い。下から見上げたいという衝動が抑えられない。
b0010162_438873.jpg
b0010162_4381947.jpg
b0010162_4383112.jpg
b0010162_4384842.jpg
b0010162_439896.jpg
b0010162_4392133.jpg
b0010162_4393614.jpg

遊覧船、、、ゆったりと。うらやましい。
b0010162_440733.jpg

工事内容のHPがあった。
日本一縦長のダム・帝釈川ダムリニューアル
■桜橋
赤色がよく似合うダムルアーチ。 昭和12年竣工
b0010162_4404124.jpg
b0010162_4405862.jpg

ダブルレーシングが引き立つ。
b0010162_44110100.jpg
b0010162_4413345.jpg
b0010162_4415133.jpg

■神龍橋
移設された神龍橋 昭和5年竣工
b0010162_4423474.jpg
b0010162_4425363.jpg
b0010162_443115.jpg
b0010162_4432483.jpg

こちらはシングルレーシング。
b0010162_4433991.jpg
b0010162_4435283.jpg
b0010162_444690.jpg
b0010162_4442590.jpg

場所によっては「登録文化財」っていうのはすごいんだな。
b0010162_4443862.jpg

ムラサキシキブがきれいだった。(名前は近くの売店のお姉さんに聞いた)
b0010162_4444940.jpg

大正時代のダムとばかり思っていたが、近年リニューアル。
しかし良くこんなところを工事したものだ。
大正時代もしかりだが、リニューアルの近代技術にもびっくりした。
満足。
[PR]
by venex2 | 2012-09-21 05:10 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■111129 本庄堰堤

■111129 本庄堰堤
1年近く前の出来事のUPです。
視察で 本庄堰堤に行ってきました。
b0010162_5575626.jpg
b0010162_558584.jpg
b0010162_5581454.jpg
b0010162_5582155.jpg
b0010162_5582926.jpg
b0010162_5583670.jpg
b0010162_5584454.jpg
b0010162_5585119.jpg
b0010162_5585749.jpg
b0010162_559496.jpg
b0010162_5591056.jpg
b0010162_5591753.jpg
b0010162_5592446.jpg
b0010162_5593138.jpg
b0010162_5593893.jpg

[PR]
by venex2 | 2012-09-20 06:00 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■110808 宇治 発電所

■110808 宇治 発電所
Jヘリテージの例会に参加
8月8日 おっさんは「8、8ロックデー」に高校時代行ったことがある。全然関係ないけど!
宇治の駅からテクテクと徒歩約一時間するとレンガの建物が見えてくる。
先に天ケ瀬ダムを目指す。
■天ヶ瀬ダム
b0010162_521425.jpg
b0010162_5212052.jpg
b0010162_5213542.jpg
b0010162_5214789.jpg
b0010162_522149.jpg
b0010162_5221393.jpg

b0010162_5241337.jpg

■志津川発電所跡
b0010162_5244030.jpg
b0010162_5245949.jpg
b0010162_525255.jpg
b0010162_5254013.jpg
b0010162_5255224.jpg
b0010162_526937.jpg
b0010162_5262640.jpg
b0010162_526464.jpg

■宇治発電所
b0010162_5271688.jpg
b0010162_5272763.jpg
b0010162_5274512.jpg
b0010162_5275963.jpg
b0010162_5281660.jpg
b0010162_5282947.jpg

[PR]
by venex2 | 2012-04-12 05:29 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■110612 川池井堰

■110612 川池井堰
淡路の近代化遺産より
名 称:川池井堰
分 野:農業(灌漑)施設
所在地:洲本市五色町都志大宮
管理者:縄手 田主
構 造:石塁
竣工年:文政6(1823)年

概要
日露和平を導いた幕末の豪商高田屋嘉兵衞翁(55才の時)は都志川の流れを止め、用水確保のため土と石で大きな堰を築きました。翁が郷土開発に力を注いだ最初の事業でした。地域の生産力高揚に大きく貢献した。昭和6年大干ばつがあった翌年に近代式のダムに改修。下部石組みは、今も水をがっしり受け止めている。続いて都志港防波堤、次の年塩田港の改修が始まりました。
------------------------
で、来たものの雨の中、場所もわからず。 高田屋嘉兵衞記念館に行って聞いてやっとたどり着いた。県道46号線の道路沿いにあった。
b0010162_7711100.jpg
b0010162_772545.jpg
b0010162_77473.jpg
b0010162_775977.jpg
b0010162_78192.jpg


行く途中にあった民家
河上神社の近く
b0010162_7221268.jpg
b0010162_7225337.jpg

屋根は和風だが玄関は洋風 歯医者さんだった
b0010162_7234515.jpg

窓のガラスは、やはり外から固定されていた。
b0010162_7275784.jpg

すぐそばにこんな家もある。
b0010162_7255912.jpg
b0010162_7261062.jpg
b0010162_72623100.jpg

なんとも、おしゃれな窓でした。
b0010162_7265811.jpg


[PR]
by venex2 | 2012-03-29 07:30 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

110612上田池堰堤

■110612上田池堰堤
なかなか更新もできず。一年以上もほったらかし。
b0010162_1155571.jpg

上田池の円筒分水を見に行こうと思ったものの、時期が早くまだでした。上田池堰堤も何度も見ているが、何かあるかもしれないと来てみたら!!
放水していた。昨晩の雨であふれているのだろう。しかし、滅多に見れない姿に感動してしまった。
b0010162_11562100.jpg

b0010162_11565582.jpg

b0010162_11572841.jpg
b0010162_11584953.jpg

[PR]
by venex2 | 2012-03-23 11:59 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■090916~0918  白岩堰堤他

■090916~0918  白岩堰堤
もう昨年のことをいまさら書くのも・・といいながら
09年6月 白岩堰堤が国の重要文化財になった。
白岩堰堤は「砂防の父」といわれる豊岡出身の赤木正雄氏の計画による工事である。
赤木氏の親戚でもある○○氏に連絡をとり「見学できないものか?」と相談すると、あたってみるとのコト。
で、今回の視察となった。
16日はとにかく富山に行くだけ。10時頃宿泊地につく。
そこで聞いた話。「白岩堰堤は一般公開はしているがいつも抽選で滅多に見学することができない」といわれた。私たちは恵まれていると、、、、感謝感謝である。
17日 9:00~
カルデラ館で堰堤の説明を受ける。なんと工事はまだ半分もできていないといっておられた。
10:00~ いよいよトロッコに乗って堰堤に行く
b0010162_816232.jpg

立山砂防事務所から水谷出張所まで約2時間のトロッコに乗る。途中幾度もスイッチバックがある。
トロッコのルート図
b0010162_836180.jpg

途中 いくつもの駅舎?なるものがある。
b0010162_8315797.jpg

b0010162_8213674.jpg

ちゃんと迎えてくれるのがうれしい。こんな視察がいつもあるのだろう。愛想がよい。
b0010162_8225414.jpg

スイッチバック
b0010162_8222448.jpg

展望台 一番よいところで白岩堰堤や薬師岳をみる。
薬師岳が見えることなど滅多にないといわれた。
b0010162_828878.jpg

b0010162_8282321.jpg

b0010162_8283933.jpg

12:00 水谷平着  ここで昼食
b0010162_835273.jpg

ここには管理事務所や宿泊施設がある。
b0010162_8382235.jpg

13:00 本当の視察はこのトンネルを歩いて抜けるのだが今回は人数が少ないということで、
運転手付きの公用車で移動。
b0010162_840406.jpg

見学ルート
b0010162_84262.jpg

作業する人が癒したという天涯の湯
b0010162_8432429.jpg

いよいよ堰堤である
b0010162_93580.jpg

管理用の橋
b0010162_923266.jpg

橋から堰堤をみる。が、、、、上部しか見えない
b0010162_93516.jpg
b0010162_942725.jpg

白岩下流展望台に移動 
でかい!!(写真上部にある黄色い○印が先ほどの橋)
b0010162_953668.jpg

b0010162_964353.jpg

そばに行きたいが視察ルートに入っていないので却下
上からUPでみる 上部に橋がある
b0010162_9115846.jpg
b0010162_912839.jpg
b0010162_9121832.jpg
b0010162_9122577.jpg
b0010162_9123393.jpg

ゆっくり見たいがそうも行かない。
再びルート図
b0010162_9181690.jpg

多枝原平
b0010162_9141787.jpg
b0010162_9143330.jpg

立山温泉跡
b0010162_9154057.jpg
b0010162_9155587.jpg

どじょう池
b0010162_916563.jpg
b0010162_9172397.jpg

などをみて14:45立山砂防事務所に向かって帰る。
17:00 立山砂防事務所着
なんともいえない迫力、スケールが違う。改めて赤木正雄氏がどんな人なのか興味がわく。
所長さんに挨拶をし 今日の宿泊地、富山に向かう。
途中いくつかの堰堤や橋を見る。
■本宮砂防堰堤
b0010162_9305575.jpg

b0010162_924944.jpg
b0010162_9243044.jpg
b0010162_9245067.jpg

鉄道橋
b0010162_9313085.jpg

090918 富山から但馬に帰る。途中ダムや橋を見る。

■庄川合口堰堤(国指定登録有形文化財)
砺波平野を貫流する庄川に点在していた用水取入堰(せき)を集約した灌漑・発電用の堰堤で、昭和14年に完成しました。鉄筋コンクリート造で、左岸下流に魚道、両岸上流に取水口を設けています。我が国屈指の大扇状地を潤し、穀倉地帯の近代化を支え、平成16年に国の登録有形文化財として登録されました。 と書いてありました。
b0010162_1063868.jpg
b0010162_1065387.jpg

長い魚道
b0010162_107424.jpg


■小牧ダム(国指定登録有形文化財)(S5年)
重力式コンクリートダムで、完成当時は東洋一の高さを誇るダムであった。17ヶ所のダムゲートを設けて、ダム右岸にはエレベーター式魚道、左岸には木材運搬用のコンベアが設けられている。
2001年には、土木学会の土木学会選奨土木遺産に認定、2002年には河川用ダムとしては初めて登録有形文化財に登録された。また、2007年には経済産業省の近代化産業遺産(近代化産業遺産群「中部電源」の庄川の水力発電産業遺産)の登録を受けている。
b0010162_1084049.jpg
b0010162_1085049.jpg


■祖山(そざん)ダムと祖山(そざん)発電所(S5年)
さらにゆくとへんてこりんの形状がみえる。ダムだ!
b0010162_10191193.jpg

給水塔?なんでこんなところに?意味がわからん。
b0010162_10235357.jpg

反対側にまわってみて、、お!水圧を出すために給水塔なのか。
と思ったが後で調べると「導水管のサージタンク(水圧管路内の急激な水圧の上昇を抑えるためのタンク)」と書いてあった。
祖山発電所
b0010162_1019314.jpg

ダムに行くにはこの道を通るしかない
b0010162_10194268.jpg

祖山ダムも庄川流域の発電ダム群のひとつです。戦前では5番目に高いダムでした。
そのため土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されています。
このダムは、はっきり言って謎が多いダムです。
意味不明の構造物が多く、おそらくは以前は何かあったのかもしれないのですが、現在は撤去されていると想像します。
このダムは主堤体と副堤体に分かれていて、堤体自体が緑に覆われていてどこまでダムなのかよくわからないほどです。
また主堤体には12門ものラジアルゲートが並んでいるのは、この一帯のダムの特徴です。
と外のHPに書いてあった。たしかに不気味な形状である。
b0010162_10203852.jpg

b0010162_10195516.jpg

■菅沼村
b0010162_10333014.jpg
b0010162_10334063.jpg
b0010162_10335145.jpg

■鳩谷(はとがや)ダム
b0010162_10342939.jpg

■御母衣(みぼろ)ダム 高さ131メートルと日本屈指の規模を誇るロックフィルダム
b0010162_10422579.jpg

b0010162_1034463.jpg

■九頭竜ダム ロックフィルダム 高さ128m
b0010162_1042485.jpg
b0010162_1043273.jpg
b0010162_10431639.jpg

■アカタン堰堤(国指定登録有形文化財)
福井県の第1期砂防事業として明治30年代に築かれた9基の堰堤群である。最大の堰堤は、堤長112m、高さ11mにも及ぶ巨大なものである。建設機械のない時代に人々によって築造され、100年以上経過した今も十分機能し続けている。
近年になって古老の話を聞いた地元住民が1998 年に結成した「田倉川と暮らしの会」の調査により発見され、2004年に国の登録有形文化財に登録されたという経緯を持つ。
b0010162_10472842.jpg
b0010162_10474916.jpg
b0010162_1048814.jpg

最後に一乗谷朝倉遺跡を見て帰ってきました。
■一乗谷朝倉氏遺跡
b0010162_10513633.jpg
b0010162_10514968.jpg
b0010162_1052378.jpg
b0010162_10521447.jpg

[PR]
by venex2 | 2010-07-27 11:24 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■090726 久山田貯水池堰堤

■090726 久山田貯水池堰堤
大正14年 きれいな円弧の堰堤
b0010162_9414073.jpg
b0010162_9415415.jpg
b0010162_9421892.jpg

b0010162_943876.jpg
b0010162_9432463.jpg

下流にあった堰堤 門田水源地堰堤。こちらも古そうだ。
b0010162_9441086.jpg
b0010162_9443123.jpg


[PR]
by venex2 | 2009-09-24 09:47 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■090720 淡路島 ダムを求めて

■090720 淡路島 ダムを求めて
淡路の円筒分水に水が流れているはず!!と信じて淡路に行く。
南から攻める。
まずは若人の広場。5年ほど前にきたことがある。昨年も情報委員会と鳥取県建築士会の見学会でくる予定だったが、私は参加できず。
■若人の広場
b0010162_1038011.jpg
b0010162_10382932.jpg

1967年開設 設計は丹下健三
学徒動員で戦死した学徒の遺品などが展示されていた。全国唯一の戦没学徒記念施設。
だが、阪神淡路大震災前に観客数の落ち込みから閉鎖、さらに震災により大きな被害を受けた。
展示されていた遺品類は2004年立命館大学に寄贈された。
今はボランティアにより定期的に草刈や掃除が行われている。
http://kobe-mari.maxs.jp/minami_awaji/wakoudo.htm
b0010162_10385513.jpg
b0010162_10552724.jpg
b0010162_10555765.jpg
b0010162_10561429.jpg

かすかに残っていた展示 クリックすると大きくなります
b0010162_10562858.jpg

大見山荘
b0010162_10564767.jpg
b0010162_10565861.jpg

天気が悪いためか独特の不陰気がある。
次に上田池堰堤と円筒分水を目指す
■円筒分水
b0010162_10571416.jpg

残念、水がちょびりだった。遅かった。上田池堰堤をめざす。
■上田池堰堤(こうだいけえんてい) 昭和6年
地元の人意外で「上田」を「こうだ」と読む人はマニアックな人である。
b0010162_10575677.jpg

初めて下から見ることが出来た。
b0010162_10582498.jpg

b0010162_1185939.jpg
b0010162_1191697.jpg

きれいな堰堤である。規模も大きいし
b0010162_1193841.jpg
b0010162_119526.jpg
b0010162_1110488.jpg
b0010162_11103088.jpg

下からのアプローチにはこんな碑もあった
b0010162_11105959.jpg
b0010162_111198.jpg
b0010162_11112255.jpg

次は成相ダム。上田池と近くである。
成相ダムには古い堰堤が残っている。
■成相池堰堤 昭和25年
b0010162_11115252.jpg
b0010162_1112586.jpg
b0010162_11122067.jpg
b0010162_11124249.jpg
b0010162_11125494.jpg
b0010162_1113513.jpg
b0010162_11131746.jpg

洲本に向かう。猪ノ鼻堰堤のアプローチには小さな橋が残ってる
■六徒橋 昭和7年架
b0010162_1114393.jpg
b0010162_11141366.jpg
b0010162_11142316.jpg
b0010162_11143554.jpg

■猪ノ鼻堰堤 昭和18年
b0010162_1115059.jpg
b0010162_11151184.jpg

さらに奥の第2猪鼻ダムへ 放水していた
b0010162_1116731.jpg

b0010162_112623100.jpg

気をよくして由良へ砲台を見に行く
b0010162_11265781.jpg

前に来たときと違い公園化されていた
b0010162_1127275.jpg

以前来たときはこんな感じでした
http://venex1.exblog.jp/i62/説明文 クリックすると大きくなります。
b0010162_11274044.jpg
b0010162_11275221.jpg
b0010162_1128492.jpg


[PR]
by venex2 | 2009-08-12 11:28 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

090503 草木ダム~引原ダム

090503 草木ダム~引原ダム
二度目の草木ダム
どうみても大正の構築物とは思えない。何か他にも手がかりが無いものかと見に行った。
b0010162_8242613.jpg

川が流れているがどこに流れているのかと探すと堰があった
b0010162_8244460.jpg

ここから発電所に水が流れている
b0010162_825450.jpg
b0010162_825183.jpg

降水時のオーバーフローの水が谷に流れるようになっているみたいだ。
常時流れている川は100mぐらい
知らない道をうろうろしながら引原ダムに向かう
引原ダム
巨大な構築物が現れた。写真を撮るのは初めてかな?
b0010162_8301449.jpg
b0010162_8303427.jpg
b0010162_8305192.jpg
b0010162_8311144.jpg

下まで行って写真を撮りたいが勇気がいるので今回はパス

[PR]
by venex2 | 2009-05-14 08:38 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰

■090318布引五本松堰堤

■090318布引五本松堰堤
仕事の合間に布引五本松堰堤に行ってきました。
前回は堰堤を見ることが出来なかったので。
入り口
b0010162_10434355.jpg

とにかく斜面を下る。約10分ぐらい。小さな神社
b0010162_10442960.jpg

夕日に照らされて神秘的なダム。なんたって明治33年だ。
b0010162_1047481.jpg

放水路が横にあるため綺麗さには少し欠ける。
b0010162_10472858.jpg
b0010162_10474124.jpg
b0010162_10475820.jpg

説明文
b0010162_10481938.jpg
b0010162_10483218.jpg
b0010162_10492613.jpg
b0010162_10493946.jpg

そばにあった滝
b0010162_1050131.jpg

国指定重要文化財のプレート
b0010162_10502856.jpg

最後にもう一枚
b0010162_1050478.jpg

橋の下が放水路になっている。
b0010162_1051220.jpg
b0010162_10511629.jpg

帰りは斜面を登るが結構しんどかった。
[PR]
by venex2 | 2009-04-19 11:03 | 近代化遺産 ダム・堰堤・堰