「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:餘部鉄橋( 2 )

再び餘部鉄橋

■ 餘部鉄橋 その後
餘部鉄橋を思う会の動きはその後はわかりませんが、気になる新聞記事
2006年7月27日 神戸新聞(クリックすると大きくなります)
b0010162_17562221.jpg

2006年8月5日 神戸新聞(クリックすると大きくなります)
b0010162_17565717.jpg

兵庫県では景観行政の取り組みが非常に活発です。
ある一定規模の建築物・工作物を作る場合、景観環境影響調査(環境アセスメント)の実施が義務付けられています。さて、餘部鉄橋のアセスメントはどうだったのでしょうか?
答えは公共建築や公共の構築物はアセスメントをしなくて良いとのこと。
じゃあ、どこが新しくできる橋の景観を審議するのだろうか?
新橋検討委員会がデザインを決めたのだから、その審議会なのだろう。
ところがどっこい、新橋検討委員会の景観の専門家は先般の思う会で講演をしていただいた早稲田の佐々木教授、、、、、。矛盾だらけ。
いったいどうなるのか?
その餘部鉄橋を思う会のHPができていました。
でも、その中の「思う会からのメッセージ」は活動を終えるという意味なのか??
この文章はよくわからんです。
余部新橋梁検討会の内容を見ると
「本検討会としては、新橋梁の形式として、PCラーメン橋が最も適切であると考えるが、RC充腹アーチ橋及び鋼上路トラス橋の可能性についての更なる検討を否定するものではない。 今後は、地域と鉄道事業者が協議を重ね、次に述べる留意点に配慮しつつ、検討を深めることを望むのである。
新橋梁に対する留意点
 (1)コンクリート面の「汚れ」に対する課題
 (2)工事にともなう現橋斜面の改変に対する配慮
 (3)現線取付部における設計上の配慮
 (4)デザイン的な配慮
 (5)実施設計における専門家の助言
現橋の取扱いに対する留意点
 現橋梁の取扱いについては、今後、地域が鉄道事業者と慎重な検討を行うことを望む。」
となっている。
詳しくは下記HPをごらんください。
http://web.pref.hyogo.jp/koutsu/tetsu_kai/teijiseikakuho2.htm
[PR]
by venex2 | 2006-08-05 18:25 | 餘部鉄橋

■どうなる餘部鉄橋 ■

餘部鉄橋を思う会 シンポジウム
7月9日 19:30 餘部地区公民館
主催 餘部鉄橋を思う会

▼ 夕方の鉄橋 (クリックすると大きくなります)
b0010162_19551084.jpg


餘部鉄橋を思う会 シンポジウムに行ってきました。どのような流れなのか何も知らないし、知っている人も少ないし、、、おとなしく聞いておりました。いまさら何を話すのか?という気持ちもありました。しかし意外な方向のシンポでした。
それにしても、どうも南但からすれば夜に餘部まで来るのは異国に来るような気分だ。
▼ 本日の資料 (クリックすると大きくなります)
b0010162_19554410.jpg
b0010162_1956094.jpg

まず 早稲田大の 佐々木葉さんの講演は興味深く聞かさせていただきました。
▼ 佐々木 葉 さん
b0010162_19563053.jpg

国の重文にも匹敵する餘部鉄橋を簡単に付け替える。ということを黙認しないで。
もっと議論するべきだ。合意形成ができているのか
現鉄橋でも改修の仕方があるはず。橋を活かしながら大胆な改修をしてゆくのも面白い。

などなど・・・といっておられました。
座談会になって飛び交う意見より

① 定時制の問題
風速20m/sで運転を見合わせる 他の橋でも25m/sで運転を見合わせているのに新橋になったらそれはどうなるのか?
② 歴史的近代化遺産
国の重文クラスだが重文になれば地元負担も多い
③ 30億も出して新しく作る必要性はあるのかどうか

などが主な意見
① 定時制の問題。餘部鉄橋から列車の転落事故は風速計が壊れていた。いわば人的災害。20m/sで止まるのであれば代替輸送をすればよい。止まる恐れがある場合などちゃんと把握できるはず。事前に準備すればそれで済むはず。
② 歴史的近代化遺産。100人中100人の人ができれば残してほしい。という現実。しかし、列車転落事故による遺族の方のことを考えればなかなかいいにくい面や直下の方の不安を考えるとやはり云いにくいが事実。
今の技術であれば今後100年以上も耐えることのできる技術もあるだろう。
仮になくても実際今の鉄橋は橋脚4箇所を除いて全て新しい鋼材でできているらしい。そのような方法でもよいので残すべきだろう。明治の鋼材が必要ではなく、明治にできたトレッスルという工法と景観が遺産なのである。何も重文にしなくてもよい。現役で使われることに意義がある。
また、それに見合う改修の仕方も良いかもしれない。文化財的価値を生み出す改修。
アーチも面白い。今後50年後に価値ある橋にできないものだろうか。

③30億も出して新しく作る必要はあるのか。鉄橋からの落下物も今まで何度も怖い目をしてきたという。安心、安全という言葉は今の鉄橋にない。しかし新橋になったところで安心・安全は保障されるのだろうか。疑問だ。
新橋の下にも人家があるはず。移転保障などの考慮されるのであるだろうが、それなら今の橋近辺の人家も移転保障すればよいかもしれない。(勝手なことを言っていますがおゆるしを)

「地元は新橋建設に賛成 現橋は撤去で統一されている」といっておられた。地元とはどこなんだろう?橋の下の村が地元なのか。列車を使う人が地元なのか。
重文という言葉かえってマイナスなきもする。それぐらい価値ある程度でとどめておくほうが良い。
新橋になっても定時性は保障できない。安心安全も保障できない。では、なぜ新しい橋を作るのか。もっと議論の余地はありそうだ。
今日の新聞に 要望書が提出されたと書いてあった。要望書ではむつかしいな。署名運動でもしたら今の現状の矛盾点を理解してくれる人が多いと思う。香美町の有権者の半数以上の賛同を得れば町長も動かないわけには行かないだろう。まずは町を動かす。
但馬ヘリテージはどう動くか、、、、、。
▼ 要望書(クリックすると大きくなります)
b0010162_1957369.jpg


その後、香美町の方と電話で話をしました。

「新橋ありきで今まで検討してきた結果ではない。風速30m/sまで耐えることができるよう計画されている。風速30m/sは今までの見合わせていた回数の90%は回避できる。
JRも最初はお金も出さないといっていたが6億の費用を持ち出す。新しい鋼材と古い鋼材とは一本の橋脚の主柱の4本は古い鋼材で斜めのブレスや梁などは新しいということで橋脚4本だけが古いというわけではない。逆にいうと11本ある橋脚の主柱は全て古いということ。
今ある鉄橋を残してもあと何年もつのか?だめなとき付け替え(新橋)の話は無理だろう。今が最後のチャンスなのだ。地元もいまさら何を言っているのかと云っている。」
なるほど・・・・両方の意見を聞かないといけない。
さてどうなるのか、、餘部鉄橋。

ご意見などはメールでお願いします
■★メール hitomati@sea.plala.or.jp★■


▼ 7月11日 新聞より (クリックすると大きくなります)
b0010162_19573992.jpg
b0010162_19574875.jpg
b0010162_1958161.jpg
b0010162_19581022.jpg

[PR]
by venex2 | 2006-07-11 09:04 | 餘部鉄橋